リーダーに求められるもの

2018年03月26日

もうすぐ4月。
新入社員を迎える準備で慌ただしい会社もあるかもしれません。

先日、「結果を出すリーダーほど動かない」という本を読みました。

マネージメントは、上司の確固たる決意と部下への介入が大事で、やらなくてもいい・できなくてもいい環境を作らず、部下の行動達成を目的としたルールを作り徹底管理していくことで成果が出るという内容でした。

マネージメントに課題を感じていたので、確かに、なるほどなと思うことが多く、非常に勉強になりました。

いま、社会で指示されるリーダー像に変化が現れているそうです。
リクルート総見によると、いまの若者の理想の上司像は、〝仕事もプライベートも充実して趣味の時間も満喫。部下を家族のように思い、親身になって考えてくれる上司(通称:ボス)〝だそうです。
仕事熱心で徹夜も厭わずプライベートも放り投げて会社のために働き、専門性の高い上司が理想とされていた時代は終わったようです。。

仕事はあくまで自分の一部で、趣味や勉強などすべてが充実してこそ人生だという、若者のライフワークの多様化が現れていますね。

いまの若者の考え方や感じ方をうまく捉えて、マネージメントに反映していくことも成果を出すために大切だなと感じました。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->