ベストセラーに重要な3つの要素

2015年08月31日

このところ、
次回作の出版に向けて、外部コンサルティングを受けている。

PR会社の経営者だけに、
はじめは、少々抵抗があったが、
受けてみると、「なるほど」ということが多く、
とてもタメになる。

次回作での出版は、5万部は達成したい。(気合十分)
この出版不況のなかで、
だが、気合ばかりだと空回りして、
なかなか、筆が進まないものだ。

ベストセラーに大切なのは、
『マーケット(市場性)があるか』。
市場がなければ、もしくは、トレンドが向いていなければ、
書店に手に取られないし、空気感的に売れないだろう。

昨今のライザップブームは、その数年前から、
「できる経営者やエクゼクティブは何故か筋トレをするのか?」
という書籍がベストセラーになるほど、
市場に潜在的な盛り上がりがあった。

それを狙いすました事業展開ではないだろうが、
市場性の盛り上がり、つまり上昇トレンドに乗るのは、
その後の勝ちパターンや、事業拡張性を左右する。

そして、もうひとつ、大切なのが「メッセージ」と「登場感」。
言葉の持つパワーはもちろん、
「お、なんかすごい(もしくは新しいのが)現れたな」
というドンと出現した感じは重要だ。

・市場性
・メッセージ
・登場感

これらの考えは、
ぼくの本業である広報・PRにも当てはまる。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->