エグゼクティブ(CEO)の思考フレームを最速で手に入れる

2013年10月13日

絶対リターンを常として、
堅実に収益を稼ぎ出す会社の社長業というものは、
誰にもできるものではない。

■そして、
そうした社長業を生業とし、
成功を手に入れている方は、
意識する、しないに関わらず、
得てして
「全体思考の最適化」を繰り返しており、

■この全体思考を手に入れると、
社長に目をかけてもらえる確率が上がり、
ビジネスでも一歩抜きんでることができる、
(筆者の経験則に基づく)

では、何故、そう考えるのか。

私がそう考える理由は、以下の3つです。

−(1)全体思考のビジネススキルの最適化を
行なえるビジネスパーソンの絶対数が少ない。

−(2)そのアウトプットを行動に移して、
実行していくビジネスパーソンは、さらに少ない。

−(3)社長は自分と似た人間をブレーンとして強く求めている。

全体思考によるビジネススキルの最適化を、
常に、意識的・習慣的に行なっているのは、
日本の5000人超
といわれるビジネス万人口の中でも、
実は、ごく限られた少人数しかいない
のではないかと思います。

いや、そんなことない、
そう反論する方もいるでしょう。

しかし、えてして、
自分が思っている以上に、
人は、自身のポジションとの利害や、
短期的なリターンのために
視野の狭い行動をしているものです。

それでも、自分は違う!!

そう断言される方は、すでに社長思考
(あるいは社長業を生業にされているか)
を半分手に入れているかもしれませんね。

次に、
全体思考の結果のアウトプットを、
必ず、
会社に貢献する、
あるいは、
正しい結論と確信して、
反発を恐れずに、
または反対を押し切って発言し、
かつ、自責の心構えで周囲を巻き込みながら
行動していくことができるビジネスパーソンとなると、
さらに、対象がぐっと減ります。

ただ、考えているだけ、ではダメです。

心を読めるスーパー能力など、
誰にでもありませんから。

それでは、人の目には何も考えいないも当然です。

つまり、
なんらアウトプットをしていなければ、
実際には何も考えていないと一緒といえます。

本当にその通りに事が進んだあとで、
自分はそう思っていた、と付け足すことも可能ですから。

さて、最後の理由について述べる前に、
ここで少し、おさらいしてみましょう。

【図表:社長に大抜擢される人の社長思考フレームワーク】

○全体思考

○ビジネススキル(会社の場合は組織)の最適化

○アウトプット

○絶対リターン

あなたは、いかがですか?

少し長くなりました。

次号も、このテーマの続きから。

※ このコラムは読みやすさを考慮し、
原稿用紙2枚分を上限としています。

3つ目の理由、

◆ 社長は自分と似た人間をブレーンとして強く求めている。

についてお届けします。

筆者の実践・筆者の仮説は、次号でも、必ず、ご提示します。

ぜひ、それまでに、
あなたも全体思考を最適化させて、
あなただけの、ハイブリットな、
ベストソリューションを導き出して下さい。

きっと、普通に読み流すよりも、
あなたの血肉となるはずです。

筆者が、このコラムを読むことで
必ず手に入ると提唱する
スキルフレームのひとつ、「ハイブリット(複合)」力も。

本日はここまでです。

次回も、実践×検証×理論化による

ハイブリット経営のメソッドを、

ビジネス書100冊分をどっさり凝縮した、

“ 絶対リターン ”を追及する
経営者・ビジネスパーソンのための

『超実践ハイブリットエナジー』としてお届けして参ります。

※ 文中では、僭越ながら読者の皆様方を広く
一人称にて表現させて頂いております。何卒ご了承下さい。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->