ありえない、を現実にする経営術

2013年10月31日

一段と寒くなりました。

私は、けっこうな暑がりで、弊社の女性社員とは、
体感温度が6度は違うようです。

いまだに、クーラーをかけることも。
頭が暑くなると、思考がまわらないためです。

でも、エコでは、ないですね。

なんとか、この体質を、改めます!

それでは、本日のハイブリット思考をどうぞ。

======================

ありえない、を現実にする経営術

======================

アメリカの実業家、マイケル・デル氏は、
目標設計については、
あるこだわりをもっているようだ。

来月の売上を2倍にして、
来月のコストを半分にする。

そんな大胆な経営目標を、打ちたてている。

これは、普通ではありえないことだ。

たいていは、売上を2倍にしようとすれば、
人件費や営業費など、コストもそれにつれて、上昇していく。

それでも、利益が確保できるように、
あらゆるマーケティングや経営手法を駆使して、
利潤を高めていくわけだが、
デル氏は、その常識を覆すような大胆な目標で、会社を引っ張る。

宣言するのは、たやすい。

私が社員に宣言することも、簡単だ。

みなに目標設計させるのも、
経営者であれば、やろうと思えば、いつでも、できるだろう。

だが、この領域を、毎月目指して、
日々、実現を目指すために行動させるとなると、並大抵な精神力では難しい。

これを実現したことで、
じっさいにDELL社は、世界の大企業になった。

「売上10%UP」ではなく、「売上2倍」。
「コスト10%削減」ではなく、「コスト半分」。

このレベルの目標設定をすると、
根本的な改革が必要になる。

だから、斬新なアイデアが出る。

弊社も、成長率と顧客満足度を600%アップから、1000%アップに向けて、
サービスや顧客レスポンスの中身も含めて、
さらに自社の事業戦略と自社のPR戦略を最大化していいます。

株式会社フロンティアコンサルティング 代表取締役 上岡正明

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->