PRとは、2つの心を育てること

2013年12月28日

最近は、アジアの発展が目覚ましく、
弊社もアジアPR、とくに中国やシンガポール、
インドやベトナム向けのプロモーションを依頼されること
も多くなりました。

そうしたなか、フロンティアコンサルティングとして、
どのような優位性を持ったアジアPRが可能か、

どうすれば、日本企業の優れた技術や心意気を、
アジアの商圏に浸透させることができるのか、

年末、アジアにいき、その答えを見つけにきています。

それでは、本日のハイブリット思考をどうぞ。

----------------

PRとは、2つの心を育てること

----------------

弊社はPR会社だからこそ、
はっきりと顧客に伝えている。

新聞に取り上げられても、それだけで商品は売れないし、
持続可能なサービスのブランディングはできません、と。

PRを通じて、メディアコミュニケーションを手段として、

顧客の心を育てることを目指さなければならない。

そう伝えると、すごく遠回りだと言われるクライアントもおられます。

しかしながら、実は、そこに近道があります。

================

積極的に心を育てるPRの考え方は、
そこに「愛」が生まれます。

消極的に心を育てるPRの考え方は、
そこに「愛」が生まれません。

================

しかし、実際に、PRを通じて「愛」を目に見ることはできません。

だが、PRは手段であり、目的ではないはず。

PRの目的を真実として明確に存在させれば、

おのずと、顧客との間に、現実のコミュニケーションが生まれてくる。

どのような仕事でも、成否を左右するのは、ただひとつ。

その仕事に対する、心のかまえ(心構え)です。

私たちフロンティアコンサルティングの経営理念は、

だからこそ、PRを通じて愛と情熱を広めることとしています。

クライアントと共に考え、とくには率直に意見をいい、
目的を明確にするためには、手段だけに捉われない。

そうした、50人のスタッフの一人ひとりがプロ集団である、
知恵と行動力を束ねた組織体であることを目指しています。

株式会社フロンティアコンサルティング / 代表取締役 上岡正明

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->