記者会見

企業・団体が重要な発表をする場合や、単純なプレスリリース等よりも大きなプロモーション効果を得たい場合には記者会見・プレスイベント等を行う必要性が出てきます。

また、昨今の企業コンプライアンス遵守問題に絡み、企業危機管理上の理由で記者会見(時には謝罪会見)を行わなければならないケースも増えています。

今企業は、攻めの報道発表(マーケティングPR)と守りの報道発表(リスクマネジメントPR)の2種類の方向性で、対マスメディア戦略を立てておかねばなりません。

その際、最も必要になってくるのが記者会見・プレスイベントの企画運営能力です。

案内状・配信・誘致・運営・記事掲載の確認まで、多岐にわたってサポート

記者が記者会見に出席して記事を書くのはニュース性があるからです。

経済記事の場合、それは新製品発売などの企業行動によってその企業がどうなるのか、市場や社会がどう変わるのかが読者の興味を呼ぶと思うからです。

「記者会見を開いたが、誰も来なかった」では笑い話にもなりません。メディアへの露出は企業にとって生死を分ける可能性もあり、発表に値するかどうかの慎重な見極めが大事です。

フロンティアコンサルティングは、発表内容に応じて適切な方法を提案し、会場選定・予約からメディアのリストアップ、案内状の作成・配信、メディア誘致、当日の運営、記事掲載の確認まで、多岐にわたってサポートします。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->