広報部門の役割

企業には広報部あるいはPR担当部署があります。

では、いったい広報とはなんでしょうか。

「企業や組織などが公衆と良好な関係を構築していく活動のこと=広報活動」といった説明もありますが、つまりは“企業があらゆる関係性を良くするためにさまざまな情報を広く報じる”ということ。

では、関係性を良好に保つとは、どのようなことなのでしょうか。

ステークホルダーと良好な関係を築く

企業を経営していく上で、経済的な活動は必須です。

どのような会社であっても経済的に成り立つことがなければ存続が絶たれてしまい、企業として活動していくことはできません。

企業としてしっかりと活動していくためには、顧客や取引先の金融機関や業者、あるいは社員や従業員といった人との関係がなくてはならないものです。

自社商品を購入してくれる一般消費者も人であり、許可をとらなければいけない役所や法律を取り扱う行政機関も人によって成り立っています。

その関係性を良好にすることで、経営は循環しているのです。

そのような関係のある人々に、自社の存在や商品あるいはサービスを知ってもらわなければならないのですが、これが企業価値の情報伝達ということになるでしょう。

これは、広報の大きな目的でもあり、意味でもあります。

また、広報でよく使われる言葉に[PR]がありますが、これはpublic(大衆) relation(つながり・関係)の略。

やはり関係性といったものを重視しているのが充分にわかります。

このように、広報は企業としての価値を広く「知らせる・報じる」という役割があり、その目的は円滑な経済活動を行っていく、というところにあるのです。

マスコミと情報伝達

広報では基本的にマスコミを通して一般社会に情報を提供していくことが多いです。

広報の役割が宣伝や広告に依存していた時の名残でもあり、やはり一番効果的でもあるからです。

最近では、インターネットによるダイレクトな大衆への情報伝達も盛んに行われていますが、やはり一般社会のマスコミメディアは大きな存在です。

テレビや新聞・雑誌・ラジオといった媒体へのアプローチが、広報部の大事な役割とも言えるのではないでしょうか。

仕事内容

ここで主な仕事内容をご紹介したいと思います。

【広報活動】
●商品・サービス・企業の広報活動
●地域社会・地域団体などに向けた地域広報活動
●海外向け(グローバル)広報活動

【マスコミ・報道対応】
●記者発表やニュース・リリースなどによるマスコミへの情報提供
●メディアからの取材申し込みに対する対応と、取材・撮影への立ちあい

【PRイベント】
●企画・実施やセミナーやシンポジウムの開催 ・工場見学会(オープンオフィス)

【出版物や社内報などの制作】
●広報誌・社内報・会社案内など各種印刷物の企画制作 ・ビデオや映画などの企画制作

【IR】
●プレスリリースの作成や、企業トップの講演・スピーチ原稿の準備など
●投資家や株主、アナリストに向けた広報活動
●社会貢献、文化支援・寄付や協賛などの活動

広報部の仕事は、商品・サービスの広報活動からマスコミ対応、IR関連、PRイベントなど多岐にわたる重要な業務を行います。

企業における様々な活動の重要な役割を担っているため、場合によってアウトソースするだけではなく、自社で体制を構築することも長期的に見れば重要なポイントになるでしょう!

フロンティアコンサルティングでは、広報・PRを外部からサポートするだけでなく、人材育成や新規部署立ち上げ支援も行っております。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->