PRの考え方

自社の製品サービスの魅力を伝えるための手法は様々です。

そして多種多様なメディア(媒体)があります。

広報・PRでは継続的、且つ、戦略的にそれらを用い、目的に基づいて最適な対策を実施していかなければ、大きな成果へ結びつけることはできません

[情報の連鎖]で仕掛けていく

フロンティアコンサルティングが考えるPRコミュニケーション戦略で重要なこととは、[情報の連鎖]をどうやって起こすのか、ということです。

なぜお客はモノやサービスにお金を払うのか・・・。

その心理の引き金になるものは何なのか・・・。

たとえば、ファッション、美容分野は商品やサービスの進化が著しく、競争が激しい業界です。

特に女性は友人との情報交換や共有の場で、他の分野よりも格段に接する機会が多いことでしょう。

「多くの中から選んでいくプロセスが楽しくて好き」
「情報交換が井戸端会議のようで楽しい」

など、ワイワイ楽しんでいる中にも情報拡散の要素が含まれていることから「クチコミ」が発生します。

別の例として、企業イメージアップや医療分野などターゲットの対象範囲が広くなる場合、メディア攻略はさらに綿密な設定が必要となります。

業界全体の傾向や流行など、海外比較やテレビメディアの活用、さらには記者たちの「今なにが欲しいか」というインサイト把握も欠かせません。

また、戦略的PR活動を更なる企業発展につなげるためには、商品やサービスにおける主観的な情報のほか、客観的な事実をさらに調査し組み立てることが大切です。

つまり全体の戦略ストーリーを生む必要があるということです。

メディアに選ばれるために

フロンティアコンサルティングではこの戦略ストーリを生み出し、クロスメディアで各媒体を通じPR・マーケティング活動を行っていきます。

そして、他社では実現できない即効性とブランディングを兼ね備えた全メディア対応戦略コンサルティングサービスを提供します。

広告ではなく、PRという成果が表れたとき、メディアに選ばれたという新たな価値があなたの会社・サービスに加わるのです

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->