IT・モバイル関連企業向け

IT・モバイル関連企業が他の業種と大きく違うのは、自身がメディアを発信できる立場にある企業が多いということでしょう。

その性質上、従来のマスメディアとの関係は決して良好ではなく、競合関係にあるとさえ言えます。

必然的に、IT系企業の話がテレビや雑誌で取り上げられる機会は少なくなりメディア露出を果たすことは非常に困難なこととなります。

従来のマスメディアの影響は無視できない

マスメディアから距離を置かれがちなIT業界ですが、しかしながらPR戦略上マスコミを無視するわけにもいきません。

広告市場において影響力を増してきたインターネットも単独ではメディアとしての力が弱く、その力を100%発揮することは出来ません。

インターネット上で特定のキーワードが検索上位になったり、ある商品がブームとなったりするきっかけはテレビや雑誌を中心とした既存のメディアから発信された情報であることが殆どです。

つまり、PRにおいてインターネットを最大限に活用したいのであれば、テレビなどの既存マスメディアへの情報発信を成功させ、併せてネット上での情報拡大を連携させて行なう必要があるわけです。

しかし、広告出稿は大変なコストのかかるもので、特にテレビ媒体への広告露出となると莫大な費用がかかってしまいます。

一般的にベンチャー企業が多く、広告費をかけられない、かけたくないという考えが主流なIT系業界では、ごく一部の大企業しか既存マスメディアへの大々的な広告露出を図ることが出来ない、というのが現実です。

広告効果と同じ。「取材される」ということ

そこで重要になってくるのが「広告ではないが広告と同じ効果を発揮する手法」です。

その手段は一つではありませんが、魅力的な情報を提供し「取材される」ことが最も良い手段だと弊社は考えます。

この方法であれば何百万という広告費を払うことなく、しかも取り上げられるメディアの知名度が高ければ高いほどブランディング効果も高くなるという利点が生まれるからです。

費用を抑えつつマスメディアへの露出とWebの連携を目指すのであれば、こういったPRを積極的に行なっていかなければならないでしょう

PRコンサルティング会社の必要性

しかしながら最初に述べた通り、IT業界は既存マスメディアと疎遠関係にあり、IT専門誌などでなければ、なかなか取り上げられることはありません。

どのようなプレスリリースが効果的であるのか、メディアがどんな情報を求めているのかといったことを調べ上げ、マスメディアへの露出を果たし、更にはWebでのPRも最大限に効果を発揮できるように企画・立案まで行なうとなると、一般的な企業が自力ですべてこなすことは不可能かと思います。

確実な露出を求めるのであれば、弊社のようにマスメディアとの独自の繋がりを持っており、蓄積されたノウハウを持っているPR会社の力が必要不可欠になるでしょう。

テレビ、新聞、雑誌、ラジオ等への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えのIT・モバイル関連の企業様は、是非一度お問い合わせください。

特に、フロンティアコンサルティングのテレビPRは「完全成果報酬」となっております。これは弊社のテレビPRに対する自信の表れです。

メディアプロデューサーとして数多くの実績がある弊社代表をはじめとした強力なスタッフが貴社に最適なPR戦略を企画立案し、実施します。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->