独立系医療機関・病院向け

なぜ、現代では医療プロモーションが必要なのでしょうか。

日医総研が以前に行った調査において医療サービスの提供に関する国民のイメージは、「十分ではない」という意識が強いという結果が観察されました。

医療ミスや病院が関係する問題がニュースなどで報じられ、マイナスイメージを国民に与えてしまったからです

これは、広報活動が効果的でない現実を露呈しているとも言えます。

そのような状況であるからこそ、独立系医療機関・病院向けPRサービスが必要なのです。

マイナスイメージを払拭する広報活動!プロモーションと法規制

一概にPRといっても医療関連は他のビジネスとは大いに異なり、厚生労働省によって定められた法規制があります。

これらの法を遵守しながら医療プロモーションを行うことは、医療機関・病院としての信頼を強化する上でも不可欠です。

自由な表現で広告を出稿することが出来ない医療関連業界において、メディアに取材される形での露出は大変意味のあることです。

記事として自然にアピール

広告が規制を受ける業界は医療機関・病院関連の業界だけではありません。

弁護士・税理士なども法律による規制があります。

また、学校法人、自治体などが派手な宣伝広告を打つことは、望ましくありません。

こういった業界で広告の変わりに注目をされるのが広報によるメディア露出戦略です。

マスコミ媒体の記事として露出することで自然で効果的なアピールが可能になるからです。

このような戦略に長けたPR会社を上手く活用することで、容易にメディア露出することができ、そしてより効果的な広報を行う事が可能になります。

是非一度、フロンティアコンサルティングにご相談ください。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->