THE NORTH FACEのキーワードは『体験を生み出す店舗』
コラム
女性視点×PR
2019.02.02

THE NORTH FACEのキーワードは『体験を生み出す店舗』

ニュースを読む人々

アウトドアブランドの「THE NORTH FACE」が、東アルプス山脈の一部であるイタリアのドロミーティという山岳に、今年の8月、ポップアップショップをオープンしました。

その場所は標高2,100m。平地から徒歩約2時間かかります。
市街地ではなく、あえて山岳地にオープンしたのは、自社商品の利用シーンを訴求するためで、
THE NORTH FACEの商品を使って山登りを楽しんでほしいというメッセージも込められているそうです。

このポップアップショップでは、 THE NORTH FACEが展開するアスリートモデルのウェアをはじめ、
限定商品を8日間限定というショートスパンで販売。
アスリートが実際に使用したものやサイン入りのものなど、どれも特別な商品です。

山に登り、そこでしか買えない特別な商品を購入する。
購入した商品は、いつ見ても、登って行った山々の景色や匂い、店舗の様子など、購入するまでの体験を蘇らせてくれる思い出になることでしょう。

ここ数年、消費者の価値が「モノからコトへ」と移行したと言われています。
モノは、売れるまでは単なる物でしかありません。
ですが、購入し手にした瞬間から、購入者との“体験”が始まります。
モノと人、心のつながりを築く“体験”を作りだせれば、愛されるブランドとしての価値が生まれます。

選ばれるブランドになるために、ただ商品を購入するだけの店舗ではなく、何か特別な体験を生み出せる店舗にするのもPRの近道だと思います。